あいうえお短歌集のお知らせ

最近お遊びがてら詠んでいた「あいうえお短歌」も、ついに「あ〜わ」まで詠み終わり、一応の終焉を迎えましたので、電子書籍に歌集としてまとめてみました。
お時間の空いたときにでもちらりと見ていただけたら幸いです。

パブー電子書籍
「あいうえお 〜四十五首のみじかうた」(こはぎ)

紅く紅く彩(いろ)付くこころ歌に込め描くは君へのたゆまぬ想い
| あいうえお短歌 | 12:28 | comments(0) | trackbacks(0) |

あいうえお短歌【わ】

【わ】 私から「好き」のひとこと聞き出して わかっているの?次は君だよ

-----------------------------------------------------------

【あいうえお短歌こはぎルール】
★歌の一文字目が該当の音から始まるように。
★一首の中にふたつずつ該当の音を入れるように。
★5首ワンセット(例:あいうえお、かきくけこ…)
| あいうえお短歌 | 10:21 | comments(0) | trackbacks(0) |

あいうえお短歌【ら】

【ろ】 蝋燭の揺らぎ見つめつ君と杯交わした夜にロマンスひとつ

【れ】 冷凍し凍らせてしまえこの心 連絡を待つ日々辛過ぎて

【る】 「涙腺が崩れる前に抱いてよ」とルール無視して壊れそうな君

【り】 理由など知らない 気付いたら君に惹かれ落ちてた 林檎のように

【ら】 乱暴に君が投げつける言葉粒 それで楽になれるなら聞くよ

-----------------------------------------------------------

【あいうえお短歌こはぎルール】
★歌の一文字目が該当の音から始まるように。
★一首の中にふたつずつ該当の音を入れるように。
★5首ワンセット(例:あいうえお、かきくけこ…)
| あいうえお短歌 | 10:20 | comments(0) | trackbacks(0) |

あいうえお短歌【や】

【よ】 夜の中弱りて立ち尽くす君を包んで言わせない「さよなら」は

【ゆ】 ゆるやかに傾き揺れるこの心 夕闇に映る別れの予感

【や】 やがて来る最期の日にもやわらかな笑顔でいたい優しい君に

-----------------------------------------------------------

【あいうえお短歌こはぎルール】
★歌の一文字目が該当の音から始まるように。
★一首の中にふたつずつ該当の音を入れるように。
★5首ワンセット(例:あいうえお、かきくけこ…)
| あいうえお短歌 | 10:19 | comments(0) | trackbacks(0) |

あいうえお短歌【ま】

【も】 もうずっと側に居た気がする君と繋がる心は脆く危うく

【め】 目を逸らす君が可愛い 悪戯に目線捉えて遊んでみたり

【む】 無理をしてまで会いにくる無茶な君 胸に棲み付いた無垢なるその眼

【み】 見つめてることさえできず目を伏せて君に魅せられた初めての夜

【ま】 毎日に君の記憶はまた巡り待ち続けている次の約束

-----------------------------------------------------------

【あいうえお短歌こはぎルール】
★歌の一文字目が該当の音から始まるように。
★一首の中にふたつずつ該当の音を入れるように。
★5首ワンセット(例:あいうえお、かきくけこ…)
| あいうえお短歌 | 10:18 | comments(0) | trackbacks(0) |

あいうえお短歌【は】

【ほ】 本心を隠したふたり 本当はその手に触れたいことも知ってる

【へ】 平静を装いつつも口数が増える 平穏でいられぬ心

【ふ】 二人きり過ごした僅かな時間にも深まる想い ねぇ、振り向いて

【ひ】 秘密だけ作った今日はときめきと後ろめたさをひとり食む夜

【は】 初めての君とふたりきり はにかんだままの言葉は足りなさ過ぎて

-----------------------------------------------------------

【あいうえお短歌こはぎルール】
★歌の一文字目が該当の音から始まるように。
★一首の中にふたつずつ該当の音を入れるように。
★5首ワンセット(例:あいうえお、かきくけこ…)
| あいうえお短歌 | 16:12 | comments(0) | trackbacks(0) |

あいうえお短歌【な】

【の】 望むのは君に酔いしれつく眠り 叶わぬ夜にまたひとり飲む

【ね】 眠るたび君を忘れてしまいたい願い虚しくまだ君が好き

【ぬ】 濡れた目で見つめる君に盗まれた恥ずかしさとか自制心とか

【に】 逃げ出したこの現実から離れゆく二度目の恋もまた現実で

【な】 何をしていても何度でも蘇る君の腕の中微睡む記憶

-----------------------------------------------------------

【あいうえお短歌こはぎルール】
★歌の一文字目が該当の音から始まるように。
★一首の中にふたつずつ該当の音を入れるように。
★5首ワンセット(例:あいうえお、かきくけこ…)
| あいうえお短歌 | 16:11 | comments(0) | trackbacks(0) |

あいうえお短歌【た】

【と】 遠い明日の約束を口にする君は届かないこともわかってはいて

【て】 「手に触れて良い?」それだけが言えなくて無言で奪う帰り際の手

【つ】 告げられぬ想いは積もり重なって潰れてしまおう 深夜にひとり

【ち】 近道を探して地図に無い道を走るみたいな君への恋は

【た】 溜息が積もる胸の中たたずんでいる私 君に「好き」と告げたい

-----------------------------------------------------------

【あいうえお短歌こはぎルール】
★歌の一文字目が該当の音から始まるように。
★一首の中にふたつずつ該当の音を入れるように。
★5首ワンセット(例:あいうえお、かきくけこ…)
| あいうえお短歌 | 16:10 | comments(0) | trackbacks(0) |

あいうえお短歌【さ】

【そ】 そっと手に触れた君 ただそれだけで伝わる想い「君を抱きたい」

【せ】 背中向け帰る君見送る駅で世界が少し傾く夕暮れ

【す】 水曜のあなたの帰りが早い日は少し切ない 君が足りない

【し】 しがらみに縛られた恋をしてるだけ君への想いに変わりなど無い

【さ】 咲く花に思わず足をとめた朝ささくれた胸潤す恋は

-----------------------------------------------------------

【あいうえお短歌こはぎルール】
★歌の一文字目が該当の音から始まるように。
★一首の中にふたつずつ該当の音を入れるように。
★5首ワンセット(例:あいうえお、かきくけこ…)
| あいうえお短歌 | 16:09 | comments(0) | trackbacks(0) |

あいうえお短歌【か】

【こ】 恋人と呼ぶ君の手に抱かれた眠りこんなにも心地良いウソ

【け】 経験を重ねて今があるけれど過去は消したい君の胸の中

【く】 空気吸い吐くだけを繰り返しつつ溜息ばかりが癖になる恋

【き】 君にまた傷をもらった けれどもう知ってる 嫌いになんかなれない

【か】 髪に触れ頬を滑り唇弾く頑なな私溶かす君の手

-----------------------------------------------------------

【あいうえお短歌こはぎルール】
★歌の一文字目が該当の音から始まるように。
★一首の中にふたつずつ該当の音を入れるように。
★5首ワンセット(例:あいうえお、かきくけこ…)
| あいうえお短歌 | 16:06 | comments(0) | trackbacks(0) |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
CATEGORYES
NEW ENTRIES
LINKS
TWITTER
BLOG PARTS

うたらば

短歌フリーペーパー「うたらば」
いろんな歌人さんの素敵な歌をお楽しみください♪



ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
OTHERS
COUNTER
ブログパーツUL5
PR