いちごつみ・しりとり・鬼シーリズについて

タイムラインで行われる短歌あそび「いちごつみ・しりとり・鬼シリーズ」について、ルールをまとめて書いておきます。
楽しく100首まで続けることが一番ですが、「縛りがあること」も一緒に楽しんでしまいましょう。



【説明しよう!】まずは基本編

◎いちごつみ タグ:#いちごつみ
前の歌から「一語」を摘みとってその一語を自分の歌に入れて詠む。返歌ではない。
助詞摘みは禁止。(「に」や「を」は摘んだことにならない)
摘んだ一語の漢字や表記はそのままにしなければならない。動詞の活用も不可。(「楽しい」→「楽しむ」は不可)
二言摘みは禁止(前の人の歌から摘むのは一語のみ)。うっかり気づかないうちにやってしまうので注意!
連続摘みは禁止(前の人が摘んだ語を続けて摘んではならない)。これもやりがち。しっかりチェック!

◎しりとり タグ:#しりとり短歌
前の歌の最後の文字(or単語)を自分の歌の一番最初に持ってきて詠む。
これは「音」でも「文字」でも「単語」でもOK。表記は変わってもいい。
例:前の歌「〜していい」→「今すぐに〜」(「い」から始める)
例:前の歌「〜してません」→「先頭の〜」(「せん」から始める)
例:前の歌「〜でも大丈夫」→「夫婦とは〜」(「夫」から始める)
例:前の歌「〜でも大丈夫」→「大丈夫だって〜」(「大丈夫」から始める)

◎しりとりいちごつみ タグ:#しりとりいちごつみ
前の歌から一語を摘みつつ、しりとりもする。


【説明しよう】応用の鬼編

◎鬼いちごつみ タグ:#鬼いちごつみ
いちごつみの難易度アップ版。次の人が摘む一語を自分で指定する。
難しい語を選んであげるとドS度が上がる。
次の人は指定された一語を一言一句変えずに詠み込むこと。

◎鬼いちごしりとり タグ:#鬼いちごしりとり
一語を指定されつつ、しりとりも課される。
前の人に指定された一語を詠み込みながら、前の人の最後の文字を最初に置いて詠まねばならない。

◎鬼数詠み タグ:#鬼数詠み
必ず指定の数字を歌の中に入れて詠む。数字は前の人から1ずつ増えていく。
「1」「一」「壱」「いち」「ワン」「one」など表記はなんでも可。
二桁の場合、数字を分けてはならない。(「13」→「1」と「三」は不可、「十三(じゅうそう)」は可)



どのあそびも、全員で100首になるまで続けます。止めてしまうとなかなか進みません。なるべく止めないよう、がんばって詠みましょう。(その都度参加者の皆さんでペースなど相談しつつ進めましょう)

ツイート形式は参加人数によってその都度決めます。
基本的には、
【番号】短歌一首(鬼編は指定した一語など) RT @前の人のアカウント 前の人の歌 @他の参加者1 @他の参加者2 @他の参加者3 #tanka #jtanka #あそびのタグ
…という形式が多いですが、参加人数が多いと入り切らないこともありますので、わかりやすいように都度工夫してください。

※こちらのルールは短歌界全体のルールというよりは、長年こはぎ近辺で行われてきた短歌あそびの中からまとまったルールだと思ってください。(いちごつみなどは短歌界のルールにかなり準じていますが)

さぁ、みんなで楽しく短歌あそび!ヽ('ω')ノ

| 自分メモ | 16:59 | comments(0) | trackbacks(0) |

誕生日お祝い短歌(2014/07/31)

──去る7/19、大阪短歌なチョップの懇親会でのことでありました。
久々に飲むビールを疲れた身体に流し込んでいたこはぎの前に突如ずらりと並んだ短歌な面々。渡された紙袋の中にはピンク色のアルバムが。
言われるままに開いてみると…そこにはタイムラインでお馴染みの方々による、短歌とメッセージが書かれたカードが散りばめられていました。
そう、この日まで、小春まりかちゃんが中心となって大人数によるものすごいサプライズ計画が進行していたことを、こはぎは知る由もなかったのです。実は短歌なみんなの本業は、隠密稼業だったのです。

いただいたアルバムを眺めるにつけ、これをわたしだけがこっそり独占していては勿体無さすぎる!と思い、許可をいただいた方のみですが、タイムラインでお歌をご紹介することにしました。



ただご紹介するだけよりなにか感謝の気持ちが伝わることはないか?と思ったのですが、感想や評なんてとても苦手だし、お祝い短歌に対して評ってどうなのって考えた結果、ものすごく拙いものではありますが、お礼に一首、返歌みたいなものをお返ししようと思い、誕生日当日の7/31の夜、タイムラインにて以下のお歌を流しました。



夏生まれはずれてもまたはずれてもつなぎつづけるゆびただあつい(たえなかすずさん)
そのゆびの熱はあなたのせいでした始まりはいつも夏だったこと(こはぎ)

愛が決して終わらぬようにと祈りつつ採ったばかりの林檎を齧る(龍翔さん)
林檎なら赦してほしいうつむいた少女にひとつ伝染す恋情(こはぎ)

 りゅーちゃんのは「あおいとり」の折句でした。
 「りゅうしょう」で折句返し!…折句難しいね!(*>ω<)


空をゆく青い鳥にもとまり木が似合う気がするしあわせ色の(河嶌レイさん)
しあわせの色した止まり木はきみが楽し気に差し出したてのひら(こはぎ)

君のうた聴いてていいかな好きなんだあとね、「おはよう、Happy Birthday!」(月丘ナイルさん)
朝がくるたびに笑顔は花ひらき「おはよう」今朝も好きの代わりに(こはぎ)

 ナイルちゃんは毎朝毎朝かならず「おはちゅん」を言ってくれるのです。

やわらかくタイムラインが光りだし歌う小鳥にみとれてしまう(リオさん)
軽やかに踊るつまさきやわらかな黒髪 みとれているのはわたし(こはぎ)

さえずりは遥か空へと冴えわたりふるえる胸にあわき花咲く(星乃咲月さん)
やわらかな花を灯して星は冴えいつかまたたく紺の空庭(こはぎ)

はるのひもなつのひも小鳥日和の空だったから言うね、すきだよ。(藤崎しづくさん)
はるのひもなつのひもそう穏やかな熱を孕んだきみのためにある(こはぎ)

 しーちゃんはわたしの「はるのひ」「なつのひ」シリーズをほんとにほんとに気に入ってくれていて。ありがたい…ありがたい…(-人-)

いつだって全力で舞う鳥のため葉を繁らせて待っているから(田邊葉月さん)
いつだってそこにとまれる枝があるから飛べるっていつか伝える(こはぎ)

また君といれる今年がしあわせで溢れるようにさえずる恋歌(黒猫。さん)
この声の届くところで眠るならいつまでだって歌う恋歌(こはぎ)

とおくてもちかくにいるとおもってる 青い小鳥のあなたのことを(月下桜さん)
ふるふるとさくらふる春の陽だまりのほほえみにまた会いに行きます(こはぎ)

おめでとう多才で多彩な小鳥さんすてきな年になります(断言。)(さまよいくらげさん)
ありがとう断言されたら是が非でもすてきな年にせねばなるまい(こはぎ)

うみねこの影が車を追い越した夏はあなたのものだと思う(中牧正太さん)
追い越してしまった夏に振り向いて手を伸ばしたら来てくれますか(こはぎ)

 中牧さんはちょう達筆。ちょう達筆。(大事なことなので(ry)

合宿の成果は如何にキューピッド矢にバースデーカードをつけて(泳二さん)
凄腕の日本代表キューピッド秋より先に射抜かれていた(こはぎ)

 この泳二さんのお歌については、ぜひ歌会たかまがはらの
 3月号(こはぎ出演回)を見ていただきたいです!w(*´艸`)

傷つきし友をいたわる柔らかで青くかがやく翼もつ君(chariさん)
どこまでもやわらかな声やさしさの青い世界はあなたのものだ(こはぎ)

 chariさんのカードはルリビタキの写真つき。
 すっごくきれいな青色です。さすがだなぁ…


黒板の端っこに描く銀の枝ときどきは羽、休めてください(さとうすずすえさん)
さみしさに届けきみへと歌うから涼やかにゆく末を重ねて(こはぎ)

 このお歌は上の句に「こはぎ」を折句でいただきましたので、
 すずちゃんのお名前の折句でお返し。


この胸のはばたく鼓動かぎを開けあなたに見せてあげたいと思う(澤井佐和さん)
爽やかに和音が響くイメージでさぁこの胸に湧き上がれ恋(こはぎ)

 さわさんも上の句に「こはぎ」折句ですよね!
 さわさんのお名前の折句でお返し!(n´v`n)


その歌は甘く切なくたおやかに青い小鳥よ誰が耳に鳴く(宮嶋いつくさん)
この歌を静かに心深く抱くあなたひとりの耳許に鳴く(こはぎ)

木漏れ日にはにかむようなキスをした貴女の愛を祈る7月(ゆらさん)
もっともっと歌がほしいとゆらめいてきみのことばをせせらぎに待つ(こはぎ)

 ゆらさんも「こはぎあい」の折句。でもゆらさんお名前短いから、
 TANKAmoreのゆらさん♪って意味を込めてみました(*´ω`)
 ゆらさんはTANKAmoreというTL上の短歌イベントを開催されています。
 コンセプトは「質より量」!大好きなイベントです。


才能を余すことなく使っては周囲に幸せ振りまく人よ(なるなるさん)
満面の笑顔でふわり舞い降りるあなたがいつもくれる幸せ(こはぎ)

さえずりはいつも軽やか仲間呼ぶ夢ある小鳥の柔らかき爪(ルイド・リツコさん)
たくさんの夢を叶えてまた夢を与えてくれるからまた飛べる(こはぎ)

ビリジアンブルーの空へときはなつ愛と希望の言葉をつれて(中森つんさん)
ときはなつ手のひらの熱を覚えてる痛みと優しさを持つ人の(こはぎ)

 つんたんは個別にお手紙と手作りのプレゼントまで入れてくれました…
 ありがとうつんたん(´;ω;`)ウッウッ…


恋を知る人の言葉は遠い国のおはなしみたい全部きらきら(佐倉まり子さん)
きらきらの恋しませんかあしたから心すべてを震わせるため(こはぎ)

神の手に鳥は創られこの羽ははばたき愛をぎこちなく抱く(わんこ山田さん)
ワンピースこんなに白くやわらかなまなざしのひと抱いて飛びたい(こはぎ)

 わんこさんも「神鳥こはぎ」の折句でいただいたので、わんこさんのお名前の折句で。わんこさんは白くてレースふわふわなワンピースがよくお似合いなのです(*´ω`)

あたたかなあなたの歌にいざなわれ歩いて来ました 背中を追って(柚木遼さん)
手をつなぎ歌いませんか真隣できっとそこから咲く花はある(こはぎ)

 遼ちゃんはTwitterでわたしの歌を見つけたのがTwitterで短歌をつぶやくきっかけだった、とのありがたいお言葉。でも背中なんて言わないで(*´ω`)

おもいでは めいっぱいのあい であいとは とうといもので うれしいもので(永乃ゆちさん)
たくさんの出逢いと愛で埋められて今日川はやさしさの洪水(こはぎ)

この声を知ってしまって知らぬ日の鼓膜にはもう戻れないのだ(黒うさぎさん)
この声でいいなら夢に落ちるまであなたのそばで歌わせていて(こはぎ)

 自分の声コンプレックスだから黒うさぎさんのメッセージはとてもとても嬉しかったです(´;ω;`)ブワッ

ちゅん、という鳥は鳴いてるわけじゃなくきっと歌っているのでしょうね(逢さん)
ちゅんちゅんと31文字並べたら恋の歌ですキスの歌です(こはぎ)

 ちゅんちゅんと31文字並べたら何回キスができるでしょうか。

花々を青空に置きピチカート・ポルカを魔女はやさしく紡ぐ(伊豆みつさん)
あぁそうかこんなに花が降りそそぐやさしい夢はあなたのせいだ(こはぎ)

 伊豆みっちゃんのお歌には「HAPPY」が隠されているんですよ。
 テクニシャンですね…///


可愛らしい尻尾があれば恐らくは君に気持ちは伝わっている(二玉号さん)
尻尾など無くても伝え合えるはず趣くままに歌ってほしい(こはぎ)

カラフルな空から恋の実ついばむ歌が響けば笑顔ひろがる(麻倉ゆえさん)
音程の外れた歌を歌っても笑ってくれるきみがうれしい(こはぎ)

 いつもへたうたを垂れ流しているのに笑って見ていてくれるから、
 歌っていいんだって思えます。ありがとう(*´ω`)


心臓にやさしい羽根が生えてきていつしかあなただったと気づく(魚住蓮奈さん)
もう少しきみが知りたい心臓にやさしい羽根が生えたと聞いて(こはぎ)

桜樹にさへずる鳥の小ひきが恋に仕事にスーパーバード(文麿さん)
さえずりの力をくれる人がいて今日も飛ぶどこにでもいる鳥(こはぎ)

見上げれば青い小鳥の落とし文  空に叫ぶよはっぴばすでー!!(ひろまるさん)
たくさんのことばをふるふる降らせてた気づいてもらえるなんて知らずに(こはぎ)

大空を渡る翼も今日だけは静かな時を過ごせるように(トーヤさん)
羽ばたきを忘れた夜にひらくのはことばの星の海 また飛べる(こはぎ)

恋を知るブルーバードはデジタルの空羽ばたきて恋をさへづる(池田毅さん)
デジタルの信号みたいな恋ならばきっと歌わず飛べたのだろう(こはぎ)

バースデイソングを歌うために飛ぶ鳥の羽根にも月光ゆれる(大木はちさん)
Happy Birthday to me 歌うたび声が重なり羽根を震わす夜だ(こはぎ)

新しい空を見るたび思い出すおはようございまちゅんという声(本多響乃さん)
どんな朝でも朝はきてくれるから(ありがとう)「おはようございまちゅん」(こはぎ)

さえずりの速度できいて花びらの雨降る世界がはじまる音(白井雪路さん)
ぽつぽつと雨降るように歌うから胸の花びらひとつください(こはぎ)

しあわせのあおいことりが接ぎ木することばに咲けるひとつになりたい(土筆みをさん)
たくさんの恋を歌っているけれどたったひとつの恋への接ぎ木(こはぎ)

 みをちゃんはいつも中国からわたしの折本へのラブコールを送ってくれるのです。ありがとう。このカードもなんだか大変な手段を用いて送ってくれたみたいです。感謝…(´;ω;`)

大人にもこどもの目にもなれる君きらきら輝く一番星よ(しゆうさん)
広い空散らばる星はいっせいにまたたく誰もが一番星だ(こはぎ)


「おめでとう」言えちゃう距離になるなんてそのさえずりをずっと聴かせて(小春まりかさん)
ほころんだつぼみは強いそこかしこひかりの花を咲かせてしまう(こはぎ)

 まりかちゃん、素敵なプレゼントを本当にありがとう。



以上、カードを頂いた47名の方のうち、許可をいただいた41名の皆さんのお歌をご紹介させていただきました!皆さん本当にありがとうございました!!(´;ω;`)ブワッ

最後になりましたが、このサプライズの呼びかけ人でありアルバムを美しくかわいく編集してくれた小春まりかちゃん、カード取りまとめに尽力してくださった中牧さん、いろんな方へのお声掛けを頑張ってくださったというトーヤくん、本当に本当にありがとうございました。そら泣くで。


そして、このお歌の紹介と返歌をタイムラインに流している間に、他の方々からもいくつかお祝いのお歌をいただきましたのでここでご紹介を…(つД;)ウッウッ…



千の恋を歌ってほしいその青い羽毛は彼のためやわらかい(嶋田さくらこさん)

心臓をまたひとつその羽根に埋め文月尽の天がまばゆい(中村成志さん)

ここからが始まりだからぎこちなくライクの強さぶつけてみたの (天国ななおさん)

鳥類の皆が準備を始めますハシビロコウはシード権あり(中森つんさん)

夢の中極楽鳥に尋ねたら青い小鳥を紹介される(ガッキさん)

鈴の音で夜をさえずるくちばしが蜜の在り処の暗号を解く(文月郁葉さん)

羽ばたいているから羽根は見えなくてひらく童話にある青い羽根(琴平葉一さん)

この賭けに八月まぎわ飛び込んだぎりぎりの恋、逃しはしない(麦野結香さん)



皆さん、本当に本当にありがとうございました。
今年の誕生日は信じられないほどしあわせで、特別なものになりました。
| 自分メモ | 10:46 | comments(0) | trackbacks(0) |

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
CATEGORYES
NEW ENTRIES
LINKS
TWITTER
BLOG PARTS

うたらば

短歌フリーペーパー「うたらば」
いろんな歌人さんの素敵な歌をお楽しみください♪



ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
OTHERS
COUNTER
ブログパーツUL5
PR