<< 023:不思議(こはぎ) | main | 20130201 >>

歌会たかまがはら(番外編)

昨日、「歌会たかまがはら3月号」に出演させていただきました。
ご視聴くださった皆さん、ありがとうございました。
(まだの方はよろしければこちらから録画をどうぞ|・ω・)っ http://www.ustream.tv/recorded/30264435

たくさんの質問をいただいたのですが(ありがとうございます!)、放送内では全てにお答えできませんでしたので、ここでゆるゆるとお答えさせていただきます。(放送内でお答えしたものも再度お答えしてます)


★ことのはさん・黒猫。さん
Q.どうしてこはぎさんは「鳥」なのですか?
A.意味はありません。Twitterを始めた頃にアイコンを設定しなくては、と素材屋さんから何気なくお借りしたものがこれでした。そのうち何故か皆さんから鳥キャラと認識されるようになり、戸惑いすら覚えています。(今はだいぶ慣れました)

★ことのはさん・ユキノ進さん・泳二さん・佐伯杏里さん
Q.好きな歌を教えて下さい。
A.実は「これだけは…!」みたいにすぐに答えられるナンバーワンの歌というのがないのです。いろんな方のいろんな歌に触れるたび「いいなぁ…すきだなぁ…(*´ω`)」と思います。今回ご質問頂いて、改めてなんだろう?って考えてみたときに、ふと浮かんできたのが以下のお歌でした。
去年から凍らせていた告白がベビーピンクの街で溶けそう(文月郁葉さん)
まって、って言葉も届かないくらいあなたとあたしのあいだにさくら(こゆりさん)

たぶん最初に見たうたらばのイメージがとても強かったのもあると思いますが、ふたつとも大好きなお歌です。

★西村湯呑さん
Q.毎日恋をされているような多作さですが、どうしたら日々たくさんの歌が生まれますか?
A.以前は一日5首必ず詠むと決めていた時もありました。多作多捨でとにかくなんでも31文字にしてみようと思っています。最近はなかなか作れなくなってきたりもしています…むむむ(ΘΛΘ;)

★二玉号さん
Q.アイコンを鳥以外にしたい欲求はありますか。
A.何故かアイコンを変えたい欲求がほとんどありません。たまにエイプリルフールなどにネタ的に変えることもありますが…。自分でもどうして飽きないのかな?と不思議です。

★住友秀夫さん・嶋田さくらこさん・倉野いちさん・飯田和馬さん
Q.短歌を始めたきっかけを教えて下さい。(いつから?なぜ?)
A.一番最初のきっかけというのは、祖母でした。女学生の頃から死ぬまで短歌をやっていた祖母と、子どもの頃から同居していたのですが、毎月短歌雑誌に投稿して「今回は佳作に載った」「秀作に選ばれたよ」なんて楽しそうな祖母の姿を見ていて、わたしも何か作ってみたいなぁと初めて短歌を作ってみたのが中学生の頃だったかなと思います。祖母がいつも出している雑誌に投稿し、何故か特選を頂きました。(おそらくその頃は子どもの投稿者が珍しかったのだと思います)
 その後もべったりではなく、時々思い出したように作ったりしていましたが、2010年にTwitterで短歌タグを見つけ、Twitterと短歌の親和性に衝撃を受け、日々吐き出し場としてTLに流すようになりました。そして今に至る。

★太田宣子さん・たえなかすずさん
Q.こはぎさんは何番目の恋がいちばん心に残っていますか?私はやっぱり初恋な気がします。/忘れられない恋ってありますか?どんな恋だったか教えてください。
A.何番目だろう。今思い返すとどの恋にも思い出があってどれも忘れられない気がします。(というほどたくさん恋をしてないんですよじつは)

★嶋田さくらこさん
Q.短歌のどんなところが好きですか?
A.言いたいこと詠みたいことを31文字に収まるよう言葉を組み替え組み替えするパズル的な楽しさ。創作や妄想もあることが前提にあるため、そのままの感情を吐き出してもうまく隠してしまえるところ?w(木を隠すには森の中!的な)

★嶋田さくらこさん・たたさん
Q.こはぎ、ってなんですか?鳥の種類?/名前の由来を教えて下さい。
A.鳥とは無関係です。Twitterで名前を決めなきゃって思った時に、何となく昔のペンネームを思い出してそのまま使いました。(中学生の頃使っていたペンネームで、その当時は「小萩」と漢字表記してました) 昔から少し古風な日本の名前が好きなんです。小萩、小町、小梅、小晴…などなど。

★さとうはなさん・キョースケさん
Q.好きな人は誰ですか?/今、恋をしていますか?
A.たくさんいすぎて書ききれません(・ω・) できることならいつも恋していたいです。

★さとうはなさん
Q.恋歌を詠むとき、誰を思い浮かべて詠んでいますか?
A.いろいろですね。昔恋をしたひととか、今好きなひと、頭のなかにしかいないひととか。(つまり妄想) 誰も浮かべないで詠むこともあります。

★さとうはなさん
Q.なぜこはぎさんはそんなに絵が上手なのですか。
A.上手ではないです。絵は、誰でも練習すれば上手くなるものですよね。描けば描くほど上手くなります。わたしの場合は物心ついた頃からこれまでの人生のほとんどを絵を描くことに費やしてきたのですが、その割に今のレベルというのは、情けないくらいです。つまり上手ではないのです(´・∀・`)シュン…

★さとうはなさん
Q.お勧めの歌集を教えて下さい。
A.ごめんなさい。お勧めできるほどたくさんの歌集を読んでいないのです(´・∀・`) 逆にお勧めをぜひ教えて下さい。

★むしたけさん
Q.魅力的なATを作られることで有名なこはぎさんですが、短歌における妄想の度合いというか、事実きっかけと妄想きっかけ、どちらが歌を作るきっかけとして多いですか?
A.ATは事実きっかけが多いかもしれません。ATって全く何もないところから頭だけで考えて作るのはわたしには難しいです。実際に経験したことからその時の感覚や感情・景色を素直に詠み込む方が、少しでも、読んでくださる方の芯の部分を震わせられるものが出来るんじゃないかなと思っていますし、そういう歌の方があとから読み返した時、自分でも好きだったりします。

★星乃咲月さん
Q.うたつかいなどで拝見する、こはぎさんのおしゃれで可愛いイラストが大好きなんですが、何を描いてる時が一番幸せですか。
A.おんなのこです!!!(即答) 可愛い女の子が大好物です(*´¬`*)

★星乃咲月さん
Q.男性のここに弱いっ!というフェチポイントがあれば教えてください。
A.放送中にもお答えしたのですが、細身、きれいな手、黒髪、黒縁眼鏡、和服。ですね。他にも、耳の下から顎のラインの骨のところ(名前がわかりません)とか!鎖骨とか!血管の走る腕とか!ちょっとぼさっとした髪とか!くたっとした格好とか!あと理系男性が好きです(・ω・) ←キリがないです。

★飯田彩乃さん・なるなるさん
Q.こはぎさんが作られる歌には恋歌が多いと思いますが、いつもどのようなところから歌を引き出していますか?/恋歌の原動力は恋ですか?
A.感情のはけ口として思ったまま詠んだり、物語やTLのいろんな方のツイートを読んで自分の中で噛み砕いて作ったり、魅力的な単語を見つけて詠み込んだり、自分でテーマをひとつ決めてそれについて思いつく限り作ってみたり、物語のプロットを作るように連作的に創作してみたり、返歌やいちごつみ・しりとりなどで他の方に引っ張ってもらいながら詠んだり…いろんな方法でとにかく何かしら短歌を作っていたい!と日々思っています。でもなかなか出来ないのでいつもジレンマに陥っています。けれど、やっぱり恋歌をたくさん作るには恋をするのが一番かと思います。

★龍翔さん
Q.普段はどのようなスキンケアをしてその美肌を保たれていますか?
A.化粧水と乳液しかしてないのでボロボロです(・ω・)ハッハッハ もうちょっとパックとか?何かしたほうがいいんだろうなとは思っています。ぜひ女子力をご教授ください。ぜひ…ぜひ…(´・ω・`)

★土筆みをさん
Q.短歌を推敲するとき、どんな風に推敲していますか。言葉選びや語順など…
A.まず思いつくまま書いてみて、気に入らないところ、もう少しひねったほうがいい言葉などをしっくりくるまで変えていきます。けれど、ちゃんと推敲する短歌と、感情のままにどばばーーーーと垂れ流す短歌と、どうやら自分の中で2種類あるようです。

★倉野いちさん
Q.うたつかいのデザインで特に意識していることはありますか?
A.シンプル。どちらかと言えば女性向け且つ一般的に万人に受け入れてもらいやすいデザインであること。あと「凝りすぎない」こと。

★村田馨さん
Q.こはぎさんご自身はどこか結社に所属するおつもりはありませんか。毎月定期的に選を受けるということは大切なことだと、私は考えています。「うたつかい」とは別に「出詠するだけの場所」を持つのはいかがでしょうか。
A.興味はありますが、今のところ所属はうたつかいのみです。短歌以外にもやっていることがたくさんあって、結構日々いっぱいいっぱいなので、今はまだ余裕が無いのです(´・∀・`)スミマセン

★じゃこさん
Q.鶏肉料理では何がいちばんお好きですか?
A.鶏肉は何をどうしても美味しいですよね。チキンソテーですかね。オリーブオイルとハーブソルトでシンプルに。

★古燈さん
Q.こはぎさんの一番美味しい部位はどこですか?
A.どこでしょう?人それぞれの好みじゃないかと思います。どこかしら気に入ってもらえると嬉しいのですが…

★古燈さん
Q.水浴びと砂浴びどちらが好きですか?
A.砂は目に入ると痛いので水浴びで。

★古燈さん
Q.粟、とうもろこし、えん麦、ひえ、ふすま、大麻の種のどれが一番好きですか?
A.この中だと多分とうもろこししか食べたことないかもしれません。

★田中ましろさん
Q.いつ飲みにいってくれるんですか?←
A.予定さえ合えばいつでも(・ω<)

★藤崎しづくさん
Q.かわいくなる方法をおしえてください☆
A.わたしに教えてください☆

★琴乃彩葉さん
Q.短歌が上達したら、こはぎさん食べてもいいですか?
A.おいしくないです。おいしくないですよ!(´Д`;≡;´Д`)

★岡野大嗣さん
Q.短歌との恋愛はうまくいっていますか。
A.全然うまくいかないです。うまくいくにはもがくしかないのかもしれません。でもそばにいられるだけで幸せかもしれないなとも思っています。

★嵯野みどりはさん
Q.こはぎさんは鳥さんのアイコンですが、歌に鳥さんが出てくることがあまりないように思います。よろしければ、「鳥」がでてきたり「鳥」がモチーフとなっている自作でお気に入りのものがあったら教えてください。
A.実はたくさん作ってるんですよ。あまり意識はしてないんですが。でも鳥をモチーフにするといつもかなしい歌になりがちで、あまり気に入ったものがないです…(´・ω・`) とりあえずいくつか。
鳥籠の中 目を閉じた日常で心は君に羽ばたいている(こはぎ)
できるならきみだけの鳥になりたくてきみだけに歌いきみだけに鳴く(こはぎ)
気まぐれに歌って鳴いて飛ぶことを忘れたふりで生きていくから(こはぎ)


★嵯野みどりはさん
Q.どういうときに昨歌されていますか?
A.放送内でもお答えしたのですが、お風呂の中(with iPhone)だったり、お布団の中で眠りに落ちる前に(with iPhone)、だったり。静かにぼーっと考えられる環境で作ることが多いです。


──以上です。多分全てにお答え出来たはず…!長々と失礼しました。
こんな鳥にご質問をくださった皆さん、本当にありがとうございました。(深々)
そしてこんなに長いのにここまで読んでくださった皆さん、更に更にありがとうございました。(深々々)
今後とも仲良くしていただけるととても嬉しいです♪(n´v`n)♡
| 短歌関連企画 | 17:41 | comments(2) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 17:41 | - | - |
Comment
ふォォォ!!!湯呑さんのコメントに今更気づきました!!!!(遅すぎる…)
ご紹介ありがとうございました(;>ω<)
嬉しいです!!(;>ω<)
2013/05/29 9:19 AM, from こはぎ
先日のたかまがはらではご選歌&質問へのご回答、ありがとうございました!私も、1日5首は無理かもしれませんが、1日3首ぐらいを目指して多作多捨で頑張ります。

こはぎさんは多作ながら、1首1首が深くて、題詠blogその他でずっと注目しておりました。
当方、細々と短歌紹介サイトをしており、その中でぜひこはぎさんのお歌を紹介したく、コメントさせて頂きました。もちろん、作者名・出典は明記致します。
具体的には:

ハナミズキふたりで見上げた春の日に先生は先生じゃなかった(題詠blog2012より)
叫んでもいいですか屋上なんてそのためだけにあると習った(題詠blog2013より)
さみしいと言えない代わりにさむいって言うね嘘しかない仲だから(同)
手に触れることもできずに街をゆく そうだねそんな恋をしていた(うたつかい2013年2月号より)

もっともっとありますがきりがないので…。
(なお、実際には1首ずつの紹介となります)

どマイナーサイトで、載っても多分反響などは皆無で恐縮ですが、紹介歌人さんごとのページを設けて末永く残していきます。どうかどうか、よろしくお願い致します。





2013/03/30 1:48 PM, from 西村湯呑









Trackback
url: http://kohagi-orz.jugem.jp/trackback/1155

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
welcome
初めましてこんにちは。
ようこそいらっしゃいませ。
ここは、千原こはぎがTwitterで呟いた短歌などをまとめて置いてあるblogです。
主催している「鳥歌会」についてのレポートや、「鳥歌会onTwitter」についての詳細、また、短歌関連の企画についての詳細なども置いてあります。どうぞごゆっくりご覧くださいませ。

-----------------------

■短歌について

★毎日Twitterなどで詠んだ歌を一日ずつまとめて置いています。 →「まいにちのうたまとめ」
☆のついた歌はどなたかにお返事として返したお歌です。

★過去に参加した 「題詠blog2011」 「題詠blog2012」 「題詠blog2013」 「題詠blog2014」 「題詠blog2015」 「題詠100☆」については各カテゴリから。

★新聞歌壇や短歌賞などへの掲載歌はこちらから。

-----------------------

■各種おしらせなど

千原こはぎ短歌本『これはただの』できました!

ネットプリント(そして折本)の作り方

過去に発行した折本プチ歌集(PDFをアップしています)

★その他、現在公開中の折本等のおしらせはこちらのカテゴリーから。

-----------------------

■その他

★Twitterで140文字以内(実際は#twnovelタグを付けるので132文字以内)で書く小さな小さなお話「ついのべ」。たいていお題に沿って作っています。→「ちいさなおはなし」

★手習い中の俳句や、たった7文字だけのtwnovel、「7文字のはなし」なども載せています。

どうぞお茶でも飲みながらゆっくりしていってくださいね。
Categories
New entries
歌集など
★こはぎ歌集『これはただの』発刊!
短歌344首、写真、イラスト、デザイン、すべて千原こはぎ作の短歌本『これはただの』、作りました!



『これはただの』
文庫(A6)サイズ・カバー&帯付き・表紙本文オールフルカラー!84Pで800円!
詳細・通販はこちら



★折本プチ歌集
プリントして切って折ってつくる小さな本♪ 印刷の際は是非原寸での印刷をお願いいたします♪ 詳しくはこちら

「硝子質」
 (2012.12.27発行)
「遠距離深度」
 (2013.01.28発行)
「眠らない街」
 (2013.12.20発行)

折本のつくりかた
↑折り本の折り方がわからない方はこちらをご覧ください♪



★合同短歌集
Twitterの短歌な皆さんとたくさんの合同短歌集を発行しています。
web閲覧版・PDF版をご用意しています。DLもして頂けます。よろしければご覧くださいませ。
http://kohagi.iinaa.net/

◎部位フォト短歌集シリーズ

・第一弾/手・指フォト短歌集
『てとてとたんか』
(2013.12.10発行)
・第二弾/眼鏡フォト短歌集
『めがたん。』
(2014.01.29発行)
・第三弾/骨・骨格フォト短歌集
『ほねたん。』
(2014.04.15発行)

◎テーマ別合同短歌集

・「水」がテーマの初夏の合同短歌集
『みずつき3』(2014.06.01発行)
・獅子座による獅子座のための獅子座な短歌集
『獅子座同盟2』(2014.07.19発行)
・「人の形をした人でないモノ」がテーマの合同短歌集
『なりそこない』(2014.09.14発行)

◎RKRS(りこりす)
短歌女子たちによる本気のお遊び♪
http://rkrs.is-mine.net/

企画・編集・装丁・制作:千原こはぎ



★電子書籍歌集
パブー電子書籍サービスを利用させて頂いてます。PDF版をDLもして頂けます。よろしければご覧くださいませ。

【はるふる〜春の合同プチ歌本】
寄稿:Twitter短歌クラスタ有志11名
編集・装丁・題字:こはぎ
【なつあや〜夏の合同プチ歌本】
寄稿:Twitter短歌クラスタ有志10名
編集・装丁:こはぎ
【ひとなつ〜Twitter夏恋合同短歌集】
短歌:おちゃこ・こはぎ
編集・装丁:こはぎ
特別付録 【ひとなつ〜朗読版】
朗読:おちゃこ・こはぎ

Twitter
こはぎうたをランダムで表示するbot on Twitter。

短歌関連ブログパーツ

うたらば

短歌フリーペーパー「うたらば」
いろんな歌人さんの素敵な歌をお楽しみください♪



Archives
Recent comment
Recent trackback
Links
counter
ブログパーツUL5
Others
PR