<< 毎日歌壇 2017.05.01 | main | 合同短歌集『みずつき6』詠草募集 >>

和歌山で短歌を楽しむ会(朗読・講演・第十五回鳥歌会)

昨日は紀水章生さん、ゆるらさんが企画の「和歌山で短歌を楽しむ会」でした。
まずはわたしと、泳二さん、とみいえさんによる短歌朗読、そして真中朋久さんの講演「マンガと短歌」、その後、第十五回鳥歌会という三本立ての楽しく充実した会でした。

【短歌朗読/泳二・とみいえひろこ・千原こはぎ】
泳二さん、とみいえさん共に、一週間前にお願いしたにも関わらず、素敵な朗読を聞かせてくださいました。
お二人とも紀水さんとは「風の*歌会(そののち歌会)」で繋がりがあり、そちらの歌会に提出した短歌数首を。そして、泳二さんは漫画がテーマの会ということでフィクション色の強い連作「アナザーピース」を、とみいえさんは和歌山でのイベントということでお土産の意味も込めて大阪が舞台となる連作「おおさか」を用意してくれました。
わたしはもともと少女漫画を作っていたこともあり、短歌も恋愛漫画のようにストーリー展開をしていく連作が多く、その中から季節に合ったものを、と「夏をはじめる」を朗読させていただきました。
朗読は何度目かになりますが、いつも「声で短歌を届けることの意味」みたいなものを考えてしまいます。どういった作品が朗読に添うのか、など、いろいろと深めていくと面白いテーマだなと感じています。

【講演「マンガと短歌」/真中朋久さん】
漫画を作っていたものとして、もともと感じていたことをわかりやすく言葉にしてくださったと感じました。
「緩急」の辺りは新しい発見で、
・漫画ではシリアスなコマの後にコミカルなコマを配置する、もしくは人物のアップの後にロングショットを配置する(またはその逆)
・短歌は連作に強い短歌ばかりを並べるとお互いを弱めあってしまうけれど、間にさりげない歌を配置するとより強い歌を引き立ててくれる
というお話がありました。
いろいろなところが似ているなと感じていた漫画と短歌ですが、漫画では自然にやっていたことが短歌にも通じているのだなと改めて気付かされ、とても興味深い講演でした。

【鳥歌会/司会・千原こはぎ】
お題「マンガ」はなかなかの難問でした。マンガ作品を詠み込むのか、マンガのキャラクターになるのか、マンガを描いているところを描写するのか、マンガにまつわる思い出を詠み込むのか…などなど、皆さんとても考えてくださったようで、いろんなアプローチの歌が集まりました。
詠草は11首、それをオブザーバーや司会、飛び入りさんも含め15人で読んでいきます。
今回の鳥歌会はいつもと違い、SNSなどされていない結社のご年配の方々から、選者の先生、地元の新聞記者さん、歌会初体験の方から鳥歌会のお馴染みさんまで、年齢層も所属も様々という顔ぶれ。どんな歌会になるかなと思いましたが「マンガ」というテーマや世代差もあって、「詠み込まれた作品を知っている/知らない」「世代による漫画との関わり方の違い」「漫画についての知識の深さの違い」などから、いろいろな意見が飛び交う面白い歌会となりました。
いつもの通り一首ずつ評を終え、最後に投票。持ち点は3点です。
今回の最多得票【鳥賞】は、真中朋久さん(ぶっちぎりの14票!)、そして鳥賞受賞者が選ぶ【雛賞】は、森下陽子さんでした。
初の和歌山での鳥歌会でしたが、今回も参加してくださった皆さんのおかげで本当に楽しい時間となりました。ありがとうございました。

全国あちこちでこのような短歌なイベントがあると、その土地土地で短歌を楽しむ方々との繋がりも生まれ、短歌に興味があるけど触れたことがない方にも一つのきっかけとなります。他地域から参加される方にはその土地の魅力を伝える一助にもなるかも。そういったところが都市部で開催されるイベントとは少しだけ違った空気感を生む要因かなと感じました。
もっと様々な場所でいろいろな方の手によってこういった会が開催されるといいのになと思います。
今回の会を企画しお声掛けくださった紀水さん、ゆるらさんには心から感謝しています。楽しいイベントに参加させていただきありがとうございました。

 


| 鳥歌会 | 15:57 | comments(2) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 15:57 | - | - |
Comment
森下さん、昨日はありがとうございました。おつかれさまでした!ご参加いただけてとても嬉しかったです。
ごめんなさい、わたしうっかりと雛賞の方のお名前を勘違いしていたようです…修正させていただきました。本当にせっかくの雛賞でしたのに申し訳ありません!m(__)m
これに懲りずまた機会がありましたらぜひご参加くださいませ。コメントいただけて助かりました。ありがとうございました!(^o^)
2017/05/15 11:48 PM, from 千原こはぎ
昨日はありがとうございました。私にとっては久しぶりの歌会でしたが、とても有意義で楽しい時間を過ごせました。初めての参加で雛賞もいただいてしまってとても記念になりました。

ツイッターも始めてみようかと思い、こはぎさんのところをぽちっと押してしまいました。今後ともよろしくお願いします。
2017/05/15 10:29 PM, from もりした









Trackback
url: http://kohagi-orz.jugem.jp/trackback/2358

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
welcome
初めましてこんにちは。
ようこそいらっしゃいませ。
ここは、千原こはぎがTwitterで呟いた短歌などをまとめて置いてあるblogです。
主催している「鳥歌会」についてのレポートや、「鳥歌会onTwitter」についての詳細、また、短歌関連の企画についての詳細なども置いてあります。どうぞごゆっくりご覧くださいませ。

-----------------------

■短歌について

★毎日Twitterなどで詠んだ歌を一日ずつまとめて置いています。 →「まいにちのうたまとめ」
☆のついた歌はどなたかにお返事として返したお歌です。

★過去に参加した 「題詠blog2011」 「題詠blog2012」 「題詠blog2013」 「題詠blog2014」 「題詠blog2015」 「題詠100☆」については各カテゴリから。

★新聞歌壇や短歌賞などへの掲載歌はこちらから。

-----------------------

■各種おしらせなど

千原こはぎ短歌本『これはただの』できました!

ネットプリント(そして折本)の作り方

過去に発行した折本プチ歌集(PDFをアップしています)

★その他、現在公開中の折本等のおしらせはこちらのカテゴリーから。

-----------------------

■その他

★Twitterで140文字以内(実際は#twnovelタグを付けるので132文字以内)で書く小さな小さなお話「ついのべ」。たいていお題に沿って作っています。→「ちいさなおはなし」

★手習い中の俳句や、たった7文字だけのtwnovel、「7文字のはなし」なども載せています。

どうぞお茶でも飲みながらゆっくりしていってくださいね。
Categories
New entries
歌集など
★こはぎ歌集『これはただの』発刊!
短歌344首、写真、イラスト、デザイン、すべて千原こはぎ作の短歌本『これはただの』、作りました!



『これはただの』
文庫(A6)サイズ・カバー&帯付き・表紙本文オールフルカラー!84Pで800円!
詳細・通販はこちら



★折本プチ歌集
プリントして切って折ってつくる小さな本♪ 印刷の際は是非原寸での印刷をお願いいたします♪ 詳しくはこちら

「硝子質」
 (2012.12.27発行)
「遠距離深度」
 (2013.01.28発行)
「眠らない街」
 (2013.12.20発行)

折本のつくりかた
↑折り本の折り方がわからない方はこちらをご覧ください♪



★合同短歌集
Twitterの短歌な皆さんとたくさんの合同短歌集を発行しています。
web閲覧版・PDF版をご用意しています。DLもして頂けます。よろしければご覧くださいませ。
http://kohagi.iinaa.net/

◎部位フォト短歌集シリーズ

・第一弾/手・指フォト短歌集
『てとてとたんか』
(2013.12.10発行)
・第二弾/眼鏡フォト短歌集
『めがたん。』
(2014.01.29発行)
・第三弾/骨・骨格フォト短歌集
『ほねたん。』
(2014.04.15発行)

◎テーマ別合同短歌集

・「水」がテーマの初夏の合同短歌集
『みずつき3』(2014.06.01発行)
・獅子座による獅子座のための獅子座な短歌集
『獅子座同盟2』(2014.07.19発行)
・「人の形をした人でないモノ」がテーマの合同短歌集
『なりそこない』(2014.09.14発行)

◎RKRS(りこりす)
短歌女子たちによる本気のお遊び♪
http://rkrs.is-mine.net/

企画・編集・装丁・制作:千原こはぎ



★電子書籍歌集
パブー電子書籍サービスを利用させて頂いてます。PDF版をDLもして頂けます。よろしければご覧くださいませ。

【はるふる〜春の合同プチ歌本】
寄稿:Twitter短歌クラスタ有志11名
編集・装丁・題字:こはぎ
【なつあや〜夏の合同プチ歌本】
寄稿:Twitter短歌クラスタ有志10名
編集・装丁:こはぎ
【ひとなつ〜Twitter夏恋合同短歌集】
短歌:おちゃこ・こはぎ
編集・装丁:こはぎ
特別付録 【ひとなつ〜朗読版】
朗読:おちゃこ・こはぎ

Twitter
こはぎうたをランダムで表示するbot on Twitter。

短歌関連ブログパーツ

うたらば

短歌フリーペーパー「うたらば」
いろんな歌人さんの素敵な歌をお楽しみください♪



Archives
Recent comment
Recent trackback
Links
counter
ブログパーツUL5
Others
PR