鳥歌会with倉野歌会

去る11月22日、「鳥歌会with倉野歌会」を無事開催することができました。参加してくださった皆さん、応援してくださった皆さん、ありがとうございました。ここに当日の歌会の様子についてご紹介を兼ねて記しておきます。

当日ご参加いただいたのは、中村成志さん、西田唯さん、尾鷲明希さん、稲泉真紀さん、月丘ナイルさん、スコヲプさん、沼尻つた子さん、秋山生糸さん、御影コトハさん、chariさん、高松紗都子さん、佐倉麻里子さん、太田青磁さん、佐々木遥さん、有村桔梗さん、きつねさん、河野麻沙希さん、廣野翔一さん、そして司会の倉野いち、千原こはぎの20名でした。土屋智弘さんは体調不良により詠草のみのご参加となりました。(今回は司会二人の詠草は無し。詠草数は19首でした。)
関東で初の鳥歌会ということで、倉野歌会には参加しているけれど鳥歌会には全員が初参加!ということになりました。過去最高の大人数歌会、また司会も二人ということでとても緊張していましたが、おかげさまでわいわいと楽しい歌会になりました。

今回は、倉野歌会:倉野いちさんの提案により、題詠・テーマ詠「飛」でお一人一首をご提出いただきました。これが意外と難しかったのか、〆切ぎりぎり提出の方が多かった印象です。

まずは一通り全首に評をしたあと、投票タイム。一人二票を持ち点とし、1首(二票)・もしくは2首(一票ずつ)を選んでいただきます。集計後、一番得票が多かった方には「鳥賞」として賞状を進呈。こはぎより鳥賞賞状を進呈する表彰式を行います。
そして、鳥賞の方に自分が一番好きだった歌を選んでいただき「雛賞」を進呈。(投票で2位の歌が選ばれるとは限りません。あくまで一位の方の好きな歌、です。)雛賞の賞状には鳥賞の方のお名前をいただき、これまた表彰式をしていただきます。
そして今回は「with倉野歌会」ということで特別に、倉野いちが選ぶ「倉野賞」も!素敵なプレゼント付きです♪
最後に全ての詠草の作者と得票数を発表。
その後、質問タイムを設けます。読みについて尋ねたり、歌について自由に話していただけます。

…さてさて、今回の鳥賞・雛賞は…?



鳥歌会with倉野歌会

◎題詠・テーマ詠「飛」
★鳥賞
 電線にビニールが垂れたままの路地 回覧板を正しく回す/佐倉麻里子
★雛賞(佐倉麻里子 選)
 いつまでも進行形である空に飛行機雲はながく尾をひく/稲泉真紀
★倉野賞(倉野いち 選)
 その男飛大人(フェイターレン)と人は呼ぶ士林夜市(シーリンイェシー)に羊肉並べ/廣野翔一

今回は、佐倉麻里子さんが鳥賞を、稲泉真紀さんが雛賞を、そして廣野翔一さんが倉野賞を受賞されました。
皆さんおめでとうございますー!!(*´∇`)ノノ""パチパチ☆



懇親会から参加の皆さんと合流し33名(?かな?もっと?)の大懇親会、そして場所を移してこれまた大人数の二次会も含め、今回も本当に楽しい時間となりました。それはひとえに参加してくださった皆さんのおかげだと心から感謝しています。遠方からはるばるのご参加、勇気を出して初めての歌会参加など、本当にありがとうございます。
それからそれから、準備から当日までたくさん相談をしながら一緒にコラボ歌会を作り上げてくれた倉野いちさんに感謝を。本当に本当にお世話になりました!いっちゃんありがとうございました!(*´∇`)
今後も「楽しかった!また行きたい!」と言っていただける歌会を目指して頑張ります。ご参加くださった皆さん、そうでない皆さん、ぜひぜひ次回鳥歌会でお会いできますように!ありがとうございました!(*´ω`)ノ



★ご参加くださった太田青磁さんが、blogにてレポートを書いてくださいました!
【鳥歌会 with 倉野歌会に参加しました。】
ありがとうございます!!(*>ω<)ノ

★ご参加くださった月丘ナイルさんが、blogにてレポートを書いてくださいました!
【ビビリが歌会に行ってみた鳥歌会with倉野歌会】
ありがとうございます!!(*>ω<)ノ

★ご参加くださった西田唯さんが、blogにてレポートを書いてくださいました!
【1122 鳥歌会 with 倉野歌会】
ありがとうございます!!(*>ω<)ノ
| 鳥歌会 | 14:36 | comments(0) | trackbacks(0) |

第四回 鳥歌会

鳥歌会in岡山!去る9月22日、第四回鳥歌会in岡山(鳥歌会初の遠征!)を無事開催することができました。参加してくださった皆さん、応援してくださった皆さん、ありがとうございました。
ここに当日の鳥歌会の様子についてご紹介を兼ねて記しておきます。

当日ご参加いただいたのは、宮嶋いつくさん、逢さん、大木はちさん、川上まなみさん、しんくわさん、藤田美香さん、知己凛さん、鶏尾ねじさん、ルイドリツコさん、千原こはぎの10名でした。
なんと今回は全員が鳥歌会初参加!リピーターさんの一人もいない鳥歌会となりました!
東から西から、そして岡山近辺からと、年代も様々な皆さんにお集まりいただき、わいわいと意見を交わし合う楽しい歌会となりました。

第四回鳥歌会では、題詠「大」とテーマ詠「銀」のあわせて二首をご提出いただきました。特に「大」のほうが難しかったようで、皆さん苦戦されたとのこと…

今回も一番得票が多かった方には「鳥賞」として賞状を進呈。そして、鳥賞の方に自分が一番好きだった歌を選んでいただき「雛賞」を進呈。(投票で2位の歌が選ばれるとは限りません。あくまで一位の方の好きな歌、です。)
雛賞の賞状には鳥賞の方のお名前をいただき、表彰式をしていただきます。
最後に全ての詠草の作者を発表し、一位以外の得票なども発表。
その後、質問タイムを設けます。読みについて尋ねたり、歌について自由に話していただけます。

…さてさて、今回の鳥賞・雛賞は…?



第四回鳥歌会

◎題詠「大」
★鳥賞
 星すべて受けとめるような大の字で夜に吸い上げられているのだ/宮嶋いつく
★雛賞(宮嶋いつく 選)
 どの靴も池の匂いだ じゃぶじゃぶと警報クラスの大雨が降る/鶏尾ねじ

◎テーマ詠「銀」
★鳥賞
 (詠草非公開)/ルイドリツコ
★雛賞(ルイドリツコ 選)
 舌先にわずかな痺れ(シルバーの指輪は魔除け)知るか、黙れよ/鶏尾ねじ

今回は、宮嶋いつくさんとルイドリツコさんが鳥賞を、そして鶏尾ねじさんが雛賞をダブル受賞されました。
皆さんおめでとうございますー!!(*´∇`)ノノ""""パチパチ☆



4時間に渡る懇親会(焼き鳥)も含め、今回も本当に楽しい時間となりました。
それはひとえに参加してくださった皆さんのおかげだと心から感謝しています。
遠方からはるばるのご参加、勇気を出して初めての歌会参加など、皆さんの特別をたくさんいただきました。ありがとうございます。
今後も「楽しかった!また行きたい!」と言っていただける歌会を目指して頑張ります。
ご参加くださった皆さん、そうでない皆さん、ぜひぜひ次回鳥歌会でお会いできますように!
ありがとうございました!(*´ω`)ノ

懇親会

★ご参加くださった大木はちさんが、blogにてレポートを書いてくださいました!
【鳥歌会にいこう!】
ほめられちゃったー☆テヘ(´∇`*)ゝ

★ご参加くださった知己凛さんが、blogにてレポートを書いてくださいました!
【行ってきました「鳥歌会」】
ありがとうございますー!ヽ(*´∇`)ノ

| 鳥歌会 | 00:11 | comments(0) | trackbacks(0) |

第三回 鳥歌会

歌会風景去る8月12日、第三回鳥歌会を無事開催することができました。
参加してくださった皆さん、応援してくださった皆さん、ありがとうございました。
ここに、本日の鳥歌会の様子についてご紹介を兼ねて記しておきます。

当日ご参加いただいたのは、長月優さん、木原ねこさん、深川青さん、東風めかりさん、雀來豆さん、塩谷風月さん、門脇篤史さん、泳二さん、村田馨さん、福山桃歌さん、羽島かよ子さん、虫武一俊さん、たえなかすずさん、牛隆佑さん、千原こはぎの15名でした。
たくさんの方にお集まりいただき、様々な意見が交わされた楽しい歌会となりました。

今回はご参加の人数が多かったため、題詠orテーマ詠「空」でお一人一首をご提出いただきました。
普段なら題詠・テーマ詠とそれぞれ一首ずつを選び投票していただくのですが、今回は詠草が多かったため、投票は一人2点の持ち点制とし、自由に一首or二首を選んでいただきました。

今回も一番得票が多かった方には「鳥賞」として賞状を進呈。そして、鳥賞の方に自分が一番好きだった歌を選んでいただき「雛賞」を進呈。(投票で2位の歌が選ばれるとは限りません。あくまで一位の方の好きな歌、です。)
雛賞の賞状には鳥賞の方のお名前をいただき、表彰式をしていただきます。
最後に全ての詠草の作者を発表し、一位以外の得票なども発表。
その後、質問タイムを設けました。読みについて尋ねたり、歌について自由に話していただきます。

さてさて、今回の鳥賞・雛賞は…?



第三回鳥歌会

◎題詠orテーマ詠「空」

★鳥賞
 はつなつの大気をはらみ鍋底でしずかに踊る空豆の群/門脇篤史

★雛賞(門脇篤史 選)
 手足みな空にさしのべ息絶えた蜘蛛の望みはなんだったろう/塩谷風月

今回は鳥歌会初参加の門脇さんが鳥賞を、また、全体でも得票数2位だった塩谷さんが雛賞を受賞されました。おめでとうございますー!!(*´∇`)ノノ""""パチパチ☆



最後の質問タイムや、懇親会も含め、今回も本当に楽しい時間となりました。ありがとうございました。
それはひとえに参加してくださった皆さんのおかげだと心から感謝しています。
今後も「楽しかった!また行きたい!」と言っていただける歌会を目指して頑張ります。
ご参加くださった皆さん、そうでない皆さん、ぜひぜひ次回鳥歌会でお会いできることを楽しみにしております(*´ω`)ノ


★ご参加くださった福山桃歌さんが、blogにてレポートを書いてくださいました!
【行きたて】 第三回鳥歌会に行ってきた 【ほやほや】
鳥歌会の雰囲気がとてもよく伝わる記事ですのでぜひお読みください♪(*´ω`)

| 鳥歌会 | 01:19 | comments(0) | trackbacks(0) |

第二回 鳥歌会

会場案内去る6月25日、第二回鳥歌会を無事開催することができました。
参加してくださった皆さん、応援してくださった皆さん、ありがとうございました。
ここに、本日の鳥歌会の様子についてご紹介を兼ねて記しておきます。

当日ご参加いただいたのは、福山桃歌さん(with ごもかちゃん0歳)、羽島かよ子さん、虫武一俊さん、墨田きいさん、泳二さん、塩谷風月さん、東風めかりさん、雀來豆さん、千原こはぎの9名でした。
これが歌会初参加となる方2名も含め、今回も様々な方にお集まりいただき、おかげでとても楽しく歌を読み解く貴重な時間となりました。

第二回鳥歌会では、題詠「木」とテーマ詠「梅雨」のあわせて二首をご提出いただきました。
特に「木」のほうは題のかぶりもなく幅広い歌が集まりました。

今回も一番得票が多かった方には「鳥賞」として賞状を進呈。
そして、鳥賞の方に自分が一番好きだった歌を選んでいただき「雛賞」を進呈。(投票で2位の歌が選ばれるとは限りません。あくまで一位の方の好きな歌、です。)
雛賞の賞状には鳥賞の方のお名前をいただき、表彰式をしていただきます。
最後に全ての詠草の作者を発表し、一位以外の得票なども発表。今回は票が割れましたー!
その後、質問タイムを設けます。読みについて尋ねたり、歌について自由に話していただけます。

さてさて、今回の鳥賞・雛賞は…?



第二回鳥歌会

◎題詠「木」
★鳥賞
 今朝やっと上がった雨に磨かれて明日さよならの木造校舎 /千原こはぎ
★雛賞(千原こはぎ 選)
 アゲハ蝶閃き過ぎる木下闇いま大切な何かを忘れた /塩谷風月

◎テーマ詠「梅雨」
★鳥賞(今回はなんと同点一位!)
 朝からの雨降り止まず来ぬ人の口調を真似て話しだす鳥 /雀來豆
 落ちゆけばめぐみ、と呼ばれその肩へ沁み染む雨に生まれてみたい /千原こはぎ
★雛賞(もちろん雛賞も二名選出!)
(雀來豆 選)
 傘持てば雨は降らない待ち合わせをキャンセルにされて見る観覧車 /塩谷風月
(千原こはぎ 選)
 朝からの雨降り止まず来ぬ人の口調を真似て話しだす鳥 /雀來豆

ははは…はははは…というわけでわたしがダブル鳥賞という、前回に引き続きなんだこの出来レース…みたいな結果になってますが、違います。鳥歌会は何の手心も加えてないですよ!!皆さんに賞状持って帰っていただきたいのですよ!(´;∀;`)
テーマ詠は同点一位で雀來豆さんも鳥賞に!
そして雛賞は題詠・テーマ詠共に塩谷風月さんが、テーマ詠の雛賞の千原こはぎ選は同点一位だった雀來豆さんに、というこれまた固まったことになりました!
3人で2枚ずつの賞状を持ち帰るという結果に…詠草本のラストページ大活躍です…!



今回も本当に楽しい時間となりました。
それはひとえに参加してくださった皆さんのおかげだと心から感謝しています。
今後も「楽しかった!また行きたい!」と言っていただける歌会を目指して頑張ります。
今回ご参加くださった皆さんも、そうでない皆さんも、ぜひぜひ次回鳥歌会でお会いできることを楽しみにしております!ヽ(*´∇`)ノ

| 鳥歌会 | 10:28 | comments(0) | trackbacks(0) |

第二回鳥歌会懇親会&鳥歌会in岡山のお知らせ

【鳥歌会懇親会のお知らせ】

第二回鳥歌会は、6月25日(木)、13時から大阪にて開催予定です。
歌会のご参加募集は既に締め切っております。

当日17時半くらいから懇親会をゆるっと開催しようと思います。
歌会に参加していない方のご参加大歓迎です。
平日夜ですが来られそうな方はこはぎまでご連絡を♪(Twitter:@kohagi_tw)
美味しいものを食べながら、楽しく短歌なお喋りしませんか(*´ω`)


【鳥歌会 in 岡山 のお知らせ】

四国キャラバン歌会の大木はちさんに多大なるご協力をいただいて、来る9月22日(祝)、初の遠征となる【鳥歌会 in 岡山】を開催することとなりました!
会場は現在調整中ですが、岡山駅周辺になる予定です。
とってもレアな機会になりますので、岡山なら行ける!という皆様、ぜひお越しください。
鳥賞・雛賞の賞状、ぜひ持って帰ってくださいねっ!(*´∇`)
こちらも、ご参加いただける方はこはぎまでご連絡を…!

| 鳥歌会 | 07:22 | comments(0) | trackbacks(0) |

第一回 鳥歌会

去る5月16日、第一回鳥歌会を無事開催することができました。
参加してくださった皆さん、応援してくださった皆さん、ありがとうございました。
ここに、鳥歌会の内容や、第一回の歌会の様子についてご紹介を兼ねて記しておきます。

当日ご参加いただいたのは、福山桃歌さん(with ごもかちゃん0歳)、とみいえひろこさん、鳩麦さん、羽島かよ子さん、深川青さん、じゃこさん、牛隆佑さん、なつおさん、草野浩一さん、千原こはぎの10名でした。
残念ながら龍翔さんは欠席で詠草のみのご参加となりました。
これが歌会初参加となる方が4名、ベテランの方、歌会を主宰している方、年代も歌の傾向も様々な方にお集まりいただきました。おかげで歌の読みもとても広がったと思います。
初参加の方々も、初めてとは思えない深い読みを披露してくださいました。すごい!とただただ感動でした。

第一回鳥歌会では、題詠「羽」とテーマ詠「新緑」のあわせて二首をご提出いただきました。
無記名式で事前に詠草をメイティで開示。
当日一つずつ評をしていき、一番最後にそれぞれ一番好きな歌に投票していただきます。
一位の方(各一名)には「鳥賞」として賞状を進呈。表彰式をします。
そして、鳥賞のお二人に自分が一番好きだった歌を選んでいただき「雛賞」を進呈。
(投票で2位の歌が選ばれるとは限りません。あくまで一位の方の好きな歌、です。)
雛賞の賞状には鳥賞の方のお名前を頂戴し、鳥賞の方による表彰式をしていただきます。
最後に全ての詠草の作者を発表し、一位以外の得票なども発表。質問タイムを設けます。読みについて尋ねたり、歌について自由に話していただけます。ここで初めて発見することもいろいろとあり、とても勉強になりました。

詠草本ちなみに、歌会の始めには「詠草本」をお配りします。
詠草やメモ欄、参加者のお名前などが一冊にまとまった冊子です。
歌会の詠草の用紙はすぐにバラバラになってしまったり、保存に困ったりすることがありました。冊子にすることで今回の歌会の全てをまとめて保存しておける形を取りました。たくさん書き込みをして、世界に一つのメモリアルブックにしていただけたらとの思いからです。

賞状ページ尚、最後のページは、鳥賞・雛賞の賞状(シール状)を貼り付けられる仕様になっています。
受賞された方はここにぺたりと貼り付けてお持ち帰りください。



第一回鳥歌会

◎題詠「羽」
★鳥賞
 夕暮れに羽持つものは溶けてゆき取り残されていつもの駅だ /千原こはぎ
★雛賞(千原こはぎ 選)
 (詠草非公開) /牛隆佑

◎テーマ詠「新緑」
★鳥賞
 (詠草非公開) /牛隆佑
★雛賞(牛隆佑 選)
 はじめからみどりごの昏さ見つめいるまぶた葉桜の頃を過ぎて /とみいえひろこ

今回はせっかくの第一回鳥歌会なのに、大変申し訳なくありがたいことに、わたしが題詠の鳥賞をいただいてしまいました…歌会で一番なんてありえなかったのでびっくりです…(¦3_ヽ)_
そして、牛さんがテーマ詠の鳥賞、さらに題詠の雛賞とダブル受賞。早速賞状を二枚かっさらってゆかれました。さすがです。
テーマ詠の雛賞はとみいえひろこさん。評の際、みんながうんうんと唸らされたとても興味深い歌でした。



歌会への参加を迷っている方の第一歩として、また、子連れでの歌会参加への可能性を探る…等、鳥歌会でやっていきたいことがひとまず実現した第一回でした。
なにより、ほんとにほんとに楽しい時間でした。
それはひとえに参加してくださった皆さんのおかげだと心から感謝しています。
今後も「楽しかった!また行きたい!」と言っていただける歌会を開催できたらなと思います。
今回ご参加くださった皆さんも、そうでない皆さんも、ぜひぜひ次回鳥歌会でお会いしましょう(*´∇`)
そして詠草本と賞状、いっぱい集めてくださいね!(・∀・)✧

鳥歌会は、あなたのご参加をお待ちしております!(*´∇`)ノ



| 鳥歌会 | 12:57 | comments(0) | trackbacks(0) |

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
welcome
初めましてこんにちは。
ようこそいらっしゃいませ。
ここは、千原こはぎがTwitterで呟いた短歌などをまとめて置いてあるblogです。
主催している「鳥歌会」についてのレポートや、「鳥歌会onTwitter」についての詳細、また、短歌関連の企画についての詳細なども置いてあります。どうぞごゆっくりご覧くださいませ。

-----------------------

■短歌について

★毎日Twitterなどで詠んだ歌を一日ずつまとめて置いています。 →「まいにちのうたまとめ」
☆のついた歌はどなたかにお返事として返したお歌です。

★過去に参加した 「題詠blog2011」 「題詠blog2012」 「題詠blog2013」 「題詠blog2014」 「題詠blog2015」 「題詠100☆」については各カテゴリから。

★新聞歌壇や短歌賞などへの掲載歌はこちらから。

-----------------------

■各種おしらせなど

千原こはぎ短歌本『これはただの』できました!

ネットプリント(そして折本)の作り方

過去に発行した折本プチ歌集(PDFをアップしています)

★その他、現在公開中の折本等のおしらせはこちらのカテゴリーから。

-----------------------

■その他

★Twitterで140文字以内(実際は#twnovelタグを付けるので132文字以内)で書く小さな小さなお話「ついのべ」。たいていお題に沿って作っています。→「ちいさなおはなし」

★手習い中の俳句や、たった7文字だけのtwnovel、「7文字のはなし」なども載せています。

どうぞお茶でも飲みながらゆっくりしていってくださいね。
Categories
New entries
歌集など
★こはぎ歌集『これはただの』発刊!
短歌344首、写真、イラスト、デザイン、すべて千原こはぎ作の短歌本『これはただの』、作りました!



『これはただの』
文庫(A6)サイズ・カバー&帯付き・表紙本文オールフルカラー!84Pで800円!
詳細・通販はこちら



★折本プチ歌集
プリントして切って折ってつくる小さな本♪ 印刷の際は是非原寸での印刷をお願いいたします♪ 詳しくはこちら

「硝子質」
 (2012.12.27発行)
「遠距離深度」
 (2013.01.28発行)
「眠らない街」
 (2013.12.20発行)

折本のつくりかた
↑折り本の折り方がわからない方はこちらをご覧ください♪



★合同短歌集
Twitterの短歌な皆さんとたくさんの合同短歌集を発行しています。
web閲覧版・PDF版をご用意しています。DLもして頂けます。よろしければご覧くださいませ。
http://kohagi.iinaa.net/

◎部位フォト短歌集シリーズ

・第一弾/手・指フォト短歌集
『てとてとたんか』
(2013.12.10発行)
・第二弾/眼鏡フォト短歌集
『めがたん。』
(2014.01.29発行)
・第三弾/骨・骨格フォト短歌集
『ほねたん。』
(2014.04.15発行)

◎テーマ別合同短歌集

・「水」がテーマの初夏の合同短歌集
『みずつき3』(2014.06.01発行)
・獅子座による獅子座のための獅子座な短歌集
『獅子座同盟2』(2014.07.19発行)
・「人の形をした人でないモノ」がテーマの合同短歌集
『なりそこない』(2014.09.14発行)

◎RKRS(りこりす)
短歌女子たちによる本気のお遊び♪
http://rkrs.is-mine.net/

企画・編集・装丁・制作:千原こはぎ



★電子書籍歌集
パブー電子書籍サービスを利用させて頂いてます。PDF版をDLもして頂けます。よろしければご覧くださいませ。

【はるふる〜春の合同プチ歌本】
寄稿:Twitter短歌クラスタ有志11名
編集・装丁・題字:こはぎ
【なつあや〜夏の合同プチ歌本】
寄稿:Twitter短歌クラスタ有志10名
編集・装丁:こはぎ
【ひとなつ〜Twitter夏恋合同短歌集】
短歌:おちゃこ・こはぎ
編集・装丁:こはぎ
特別付録 【ひとなつ〜朗読版】
朗読:おちゃこ・こはぎ

Twitter
こはぎうたをランダムで表示するbot on Twitter。

短歌関連ブログパーツ

うたらば

短歌フリーペーパー「うたらば」
いろんな歌人さんの素敵な歌をお楽しみください♪



Archives
Recent comment
Recent trackback
Links
counter
ブログパーツUL5
Others
PR